火葬後、位牌

火葬式後の質問

火葬式後のご質問にお答えしたいと思います。

火葬式、火葬のみという簡素な方法を選択したことにより、
のちのち疑問や後悔の念を抱く方も少なくはありません。

火葬式の記事に先日、以下のようなご質問をいただきました。

先日父が亡くなったのですが、予算の関係もあり火葬だけを行いました。
火葬だけをしたので戒名も位牌もあるわけではありません。
そこで、質問なのですが、

①戒名と位牌は必ず用意をしなければいけませんか?
②後々、戒名と位牌を作成をする場合、どの様な手続きと予算が必要になるのでしょうか?
③予算の都合で戒名と位牌が無いままになる場合に、するべきことがあれば教えてください。

との事でした。

こちらのご質問者の方はおそらく「予算」という言葉が多く出てくるので、
費用が最もかからない「火葬式」をお選びになられたのだと想像できます。
しかし、その簡単な葬儀をしたことにより自責の念、あるいは周りのご親族の方に色々ご意見を言われてしまったのではないかと思います。

まず
「①番目の戒名と位牌は必ず用意をしなければいけませんか?」
についてですが、これは無宗教の方でしたら必要はありませんので、必ず用意をしなければいけないというものではありません。
しかし、位牌のように手を合わす事の出来る対象があった方が心のよりどころになるのではないでしょうか。

次に
「②番目の後々、戒名と位牌を作成をする場合、どの様な手続きと予算が必要になるのでしょうか?」という問いです。
戒名はお坊さんに付けてもらうのが自然な流れです。菩提寺やご存知のところが無ければ、葬儀社がよい寺院を紹介してくれます。

“戒名を付けて終わり”という事はしなく、位牌に魂を入れるお経をします。
お布施として概ね10~20万円ほど必要となります。
最近ですと格安の僧侶相談センターなどもありますが、どの様な寺院なのかをきちんと確認する事をお勧めいたします。
位牌そのものは、相場で2~3万円前後で購入する事ができます。
お近くの仏具店か葬儀社に依頼をしてみてください。

最後のご質問
「③番目です。予算の都合で戒名と位牌が無いままになる場合に、するべきことがあれば教えてください。」についてです。

やっておくべき事というのは特にはありませんが、ご命日や年忌法要などは
ぜひ大切にして頂きたいと思います。

当ブログでは、色んなご相談を受け付けていきたいと思っていますので、
ご遠慮なくコメントくださいませ。

 

15万円からの家族葬 10名ほどで家族葬

 

 

Pocket

火葬式後の質問」への4件のフィードバック

  1. 吉田 凪

    吉田と申します。
    知人よりこちらのサイトを教えて頂き、相談させて頂きたくご連絡させて頂きました。
    解らない事が多く、ご教示頂けますと大変助かります。

    父が先日急逝し、経済的理由から火葬のみを行いました。
    お墓があるのでご住職に、火葬場での読経と戒名をお願いしたところ、足が悪く車を運転していくのが大変なので、
    後日、お寺で読経と戒名をというお話になりました。
    費用は「お気持ちで」との事でした。
    その為、火葬式では読経も戒名もなしで行いました。

    父が亡くなってすぐの時には、
    近々、遺骨を持ってお寺に行き、読経と戒名をお願いしようかと思っておりました。
    ですが、7月初めが四十九日にあたり、私ひとりでの法要になりますが、四十九日の法要だけはしてあげたいと
    思っておりますので、近々お寺に出向いて読経と戒名をつけて頂き、
    更に四十九日にもお寺に出向くとなると、費用もかかってしまいます。
    そこで、読経も戒名も四十九日の法要の時にお願いしようかと思いましたが、
    戒名は四十九日の前につけて頂くべきでしょうか。
    もし、四十九日の法要前に、遺骨をお寺に持って読経と戒名をお願いした場合、
    どれくらいお布施を包むべきでしょうか。

    父が亡くなる少し前に、我が家は後継者がいないので、墓じまいをして永代供養をしてくれるお寺を探した方がいいのではと話していた矢先に父が亡くなり、また父に借金がある事も解り、
    経済的理由から当分は墓じまいも出来なくなってしまいました。
    墓じまいと永代供養のお寺が見つかり次第、父の遺骨をそちらに移したいので、
    それまでの数年は自宅に遺骨を置いておきたいと思っているのですが、
    お墓がある以上、やはりそれは難しいでしょうか。
    四十九日の法要の時に、やはり納骨すべきでしょうか。
    また、四十九日の法要と納骨をする場合、どれくらいの費用がかかるものなのかも解りません。
    細かい質問で大変恐縮なのですが、アドバイスをお願い出来ないでしょうか。
    何卒よろしくお願い致します。

    返信
    1. くじら葬祭 投稿作成者

      吉田様。コメント、ご質問を頂きましてありがとうございます。この度は突然のご不幸、お悔やみ申し上げます。このような問題は菩提寺(ボダイジ―吉田様の様に先祖代々お世話になっているお墓のあるお寺の事)様の考え方にもよるので、一概にこれが正解です!の様な事は申し上げられませんが、‘このように行う方が多い’という前提の下でお話をさせて頂きますね。又、当方は東京都の葬儀社が書いている記事だという事を申し上げておきます。まず、住職様の都合で後日になった場合は、もうその時点で「納骨と同時に手厚く49日法要をやりましょう」と言う意味合いが大きいのだと思います。納骨のタイミングとしては一般的に49日法要の時なので、そのタイミングより前に何かしらの供養をするというのはご遺族の意思だと思います。ですので、吉田様の場合は49日法要の日取りだけを決めれば良いのではないかと思います。戒名はもちろん49日法要前に住職様がお付けします。ついでの話になりますが、49日法要の日に間に合うように、このページTOPの写真のような本位牌も吉田様の方でご用意されると思います。仏具店等で位牌の購入時に戒名を掘るための打合せをするので、事前に住職様につけて頂いた戒名を確認する作業が必要になります。本位牌が出来上がるのも一週間~二週間はかかると思うので、早目に購入してください。住職様の方で提携仏具店がある場合は、全部おまかせでしてもらえます。できるかどうか確認してみて下さい。ちなみに戒名を早くつけてもらったからと言って、お金がかかるという話ではありません。法要日までに戒名が付くのは当然の事なのです。さて、これまでの説明は納骨をする事が前提の流れにさせて頂きました。菩提寺がある以上は一般的にはこのような流れになります。吉田様は墓じまいをお考えなので、ご遺骨をしばらくの間は家にご安置しておきたいのですね。しかし、49日法要にご遺骨も持参するものなので、持って帰りたいと言う旨を話すと、必然的になぜですかという話になります。ここの部分は49日法要の打合せ前に住職様にそのままのお気持ちを相談された方が良いと思います。取り合えず、お父様を納骨してあげるのか、それとももう一度家の方にご安置しても差し障りないのか、ここは住職様がどのうようにお答えをするのかは申し訳ありませんが当方には分かりません。あとは・・・例えばですが、納骨はお父様を最後とし、後継者がいなくなった場合に境内の永代供養墓に移してご供養くださいとお願いするのも良いと思います。前後しますが、49日にかかる費用はお気持ちでと言われているのですよね。戒名がすでに火葬式の時につけてもらっていて、お布施が済んでいれば、49日法要の時には5~10万円のお布施が相場です。今回の場合はご戒名を授与して頂く部分とその日の読経の部分です。はっきりとした金額を言われていないのであれば、(経済的に難しいと前もってお話をしておき)出来る限りの額をお包みすれば良いのではしょうか。お布施の部分とは別に、ご納骨を行う事になればお墓のカロート(お骨を入れる部分の蓋)を開けたり、墓前に簡易祭壇やお焼香道具、お線香などを用意してくれる石材店さんにかかる実費が必要となります。恐らく1.5~3.5万円程度だと思います。できる限りお答えをさせて頂いたつもりでおりますが、的外れな事な答えであると感じたり、他にご質問があった場合はまたコメント欄に頂ければと思います。

      返信
  2. 吉田 凪

    くじら葬祭様

    ご教示ありがとうございます。
    手術中の不慮により突然亡くなってしまい、今でもまだ父の死が信じられない状態ですが、
    これまでお墓の事は全て父が行っておりましたので、父が亡き今、解らない事だらけで悩んでおりました。
    各手続きや今後の事など、しなければいけない事や考えなければいけない事が多々あり、
    私自身も心身共に疲労が増す日々ですが、
    くじら葬祭様にお布施や法要について大変詳しく教えて頂いて本当に助かりました。
    心より感謝申し上げます。
    これからまだまだ落ち着かない日々が続きますが、ひとつ、ひとつ、こなしていこうと思います。
    本当にありがとうございました。

    吉田

    返信
    1. くじら葬祭 投稿作成者

      ご心情お察しします。お一人での解決は心細いことも多いですのでお気兼ねなくご相談ください。お電話でも結構です。ご返信ありがとうございました。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)