日別アーカイブ: 2015年9月21日

会葬御礼品

香典の当日返し

香典返しを当日にお返しする方法です。

まず、この「当日」という意味ですが、お通夜か葬儀・告別式の両日の事を指します。お香典をお持ちいただいた参列者の方へその場で品物をお返しをするという方法です。

香典返しといえば、忌明け後に「納骨を含め万事無事に済みました」という
報告の
意味合いで、お礼状を添えてお香典返しをしていました。
しかし最近では当日返しをする方も多いです。

当日返しの金額は、平均的に2500~3000円前後が多いです。
受付でお香典を出していただいた方には引換券を渡し、
帰りの際に品物と引き換えさせていただく形となっています。

当日返しをするメリットとしては、後日各手続などで大変な思いをしているところに香典返しの事まで考えなくて済むという点です。
当日にお返しをすれば、お返しをするリストも作らなくて済みますし、
「漏れ」がなく渡すことができます。
又、品物の料金も一律になり、送料もかかるわけではないので、
費用も抑える事ができます。

反対にデメリットとしては、「いただいた金額に見合った商品」を返すことができないので、お香典を多くいただいた方には後日お返しを考えなくてはならないという事になります。

ですので、そこの部分はご遺族で「線引き」はしてください。
例えば1万円~3万円までをいただいた方には、当日返しに用意をした品のみで。5万円以上いただいた方には後日、少しプラスでお返しをしようなどと考えていただくと良いと思います。

家族葬など、近しい親族の方が多い葬儀の場合には、香典額も高いと予想されるので、二度手間になる可能性がある事を考えると、向いていないかもしれません。

忌明け後のお香典返しも、当日返しもそれぞれメリットデメリットがありますので、弔問客の方がどのような方たちなのかを考えると、どちらにすれば良いのかが分かってくると思います。

ご参考いただけたでしょうか。

 

15万円からの家族葬 10名ほどで家族葬

 

 

Pocket