カード払いOK

葬儀代金の支払は保険金が下りてからで大丈夫なのか

葬儀代金の支払い、保険金が下りてからで大丈夫?というお話です。

葬儀代金の支払い方法については、各葬儀社によって異なります。
現金のみを扱っている葬儀会社、クレジットカードやローンにも対応している会社など様々ですが、保険金が下りてからというようなちょっと特殊な場合には、直接その葬儀社に相談をする事が必要です。

やはり、葬儀社の立場からすると、本当に故人が保険に入っていたのかはわからない部分ですので、すぐに口約束をする事は難しいと思います。

葬儀にかかる費用というのは、純粋に葬儀社の売り上げに関わる部分
-祭壇やお棺、人件費等のパッケージプラン等-と、それ以外にかかる部分があります。

それ以外の部分というのは、お客様の選んだ葬儀式場(貸式場の場合)にかかる費用や、葬儀社が提携している料理屋さんにお通夜や精進落しなどを注文した場合の費用などがあります。

その他にも火葬料金が有料になるお客様の場合は、その部分も別費用となります。

これらすべてを保険金が下りてからのお支払いとなると、葬儀社がすべて立て替える事になります。

この様に葬儀社側にもリスクがあるので、お客様と、信頼関係を持てる方のみの約束になると思います。

もし、保険金が下りてからのお支払いがご希望でしたら、葬儀後ではなく、内容が決定した時点でご相談してほうが良いと思います。

葬儀後にそのような申し出をしても断られる場合もあると思いますので、葬儀社に支払い方法の説明をしっかりと聞いて下さい。

ちなみにですが、

冒頭にカード払いやローンにも対応している葬儀会社もあると書きました。
しかし、まだ葬儀社はそれらに対応をしていなく、現金扱いの方がまだ多いと思います。

これは先にご説明をしました、葬儀場や火葬料などの支払いが当日の現金払いが普通だからです。

この時代に現金商売がまだまだ主流という葬儀業界は古いですね。。。

 

15万円からの家族葬 10名ほどで家族葬

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)