日別アーカイブ: 2015年8月22日

お香典受付

親のお葬式にお香典は出す?出さない?

今回は「親のお葬式にお香典は出す?出さない?」です。

この件に関してはそれぞれのご家庭の事情にもよります。
一言でこうですと言う事もなかなか難しいのですが、当社のお客様から
最近実際に質問された例を二つほど取り上げてみたいと思います。
二例とも全員が成人していて普通の収入のあるご家庭の話です。

例えば、

相談者Aさんのお父さんがお亡くなりになり、お母さんが施主を務めます。
Aさんは両親と同居をしていなく自分の世帯を持っています。
Aさんには他にも別世帯を持っている二男の弟と長女の妹がいます。

「親のお葬式なのに子供が香典を出すって普通なんですか?」と
ご質問を頂きました。

別に世帯を持っている三兄弟がお葬式に参列する場合、
施主であるお母さんに香典を包むのは普通の事です。

成人していて安定収入のある世帯が両親に出すお香典の相場は
10万円程度と言われています。
ただ、お葬式代を親と兄弟同士で折半する場合などは、お香典という考え自体がなくなります。

次に

相談者Bさんは数年前にお母さんを亡くしています。
今回はお父さんが亡くなりました。二男のBさんは
お父さんと同居していました。

自然の流れで同居しているBさんが施主になるので、
当たり前ですがお香典と言う考えはなくなります。

Bさんには別世帯を持っている長男の兄と嫁いでいる妹がいます。
兄弟は
施主である二男にお香典を包むのが普通です。

ところが、施主のBさんから
「妹夫婦が親の葬儀に香典は出さなくてもいいでしょと言われた」と
納得のいかない様子で私共に相談をされてきました。

Bさんから聞いた話だけですと、確かに妹さん夫婦がお香典を出さないと
言っているのが常識的ではない気がします。

ただし、そのご家庭の環境や状況にも関わってくるので
一概にお香典が必要か不必要かとは言い切れません。

後日Bさんの妹さんからこの時のお話を聞く機会がありました。

妹さんが闘病中のお父さんの面倒をずっと見ていました。
同居していたBさんも、別世帯に住んでいる長男も仕事の都合もあり、お父さんの看病が出来ませんでした。妹さんが誰よりも大変な思いをして看病してきました。金銭的な援助もしてきていました。
すると、妹さんのお父さんへの死の悲しみは他の兄弟の誰よりも深く、お葬式(施主の二男)にお香典をだすという考えに違和感を持ってしまいました。

このように人それぞれの状況や感情があるので、親のお葬式には兄弟同士でよく話し合うことが必要です。

ただ言える事は、実際にお葬式を出す施主に誰がなったとしても
お葬式やその後にもたくさんの出費があります。
法事やそれに伴うお返しやお墓、仏壇などの購入もあります。

相続問題も含め、よく話し合うことが必要です。

お香典を出すか、出さないかという形式ばった事よりも、
それぞれの家族単位での話し合いが必要です。

ご参考いただけたでしょうか。

 

15万円からの家族葬 10名ほどで家族葬

Pocket