日別アーカイブ: 2015年7月26日

香典返し

お香典返しをすっかり忘れていたそうです

お香典返しを忘れていたとお客様よりお電話をいただきました。

「四十九日の法要後にしようと思っていたのに、すっかり忘れてしまっていました。今からでもマナー的にはどうですか?」との事でした。

そのお客様は今の時点で約一年経っています。

私たちも葬儀が終わった後、お香典返し含め四十九日法要の準備が整っているかどうか確認をさせて頂いています。

このお客様は当時、ご自分でデパートで準備するといっておられましたが、
お仕事の事や引っ越しなど色々な事がかさなり、忘れてしまっていたようです。

このようなケースは良くあることだと思います。

この場合、お香典返しの品を送りたいお気持ちがあれば、
遅くなってもした方が良いと思います。

ただ時間がだいぶ経過している場合は品物でお返しをすると
かえって気を遣わせてしまう場合もあります。

ですので、
まずはお詫びの気持ちとしてお手紙等をお出しするのはいかがでしょうか。

そのようなお手紙をいただいて悪い気がする方はいません。

読者さんに質問です。

一年前にお葬式に参列をした遺族の方からなにか送られ来たらどう感じますか?

私だったら・・・戸惑ってしまうと思います。

それよりも、葬儀屋の立場からも個人的にからも言うと、
お香典返しうんぬんよりも、この先お世話になった方のお身内やご親戚に
ご不幸が出来た時に自分なりの心のケアやお手伝いをしてあげて欲しいと思います。

ご自身が大変な思いをした経験者なのですから。

ご参考にして頂けたら幸いです。

 

15万円からの家族葬 10名ほどで家族葬

Pocket