葬儀服装

葬儀や四十九日法要の服装について

葬儀の時や四十九日などの法要に着ていく服装についてのお話です。

服装についてのご質問は良くいただきます。
まず、葬儀や四十九日法要の服装は基本的に同じです。

ご遺族様の場合ですが、喪服は、ご遺族が喪に伏すと言う意味なので正式な服装はモーニングや和装ですが、最近は略式のブラックのスーツやフォーマルが普通となっています。遺族や親族様であっても、会葬者様であっても服装はほとんど同じです。

男性の場合は黒のスーツ -ダブルのスーツ・シングルのスーツどちらでも可能です-に白Yシャツ、黒ネクタイが基本です。靴も黒で金具の付いていない物が良いです。腕時計などは金色など派手なものは避けた方が良いです。

女性も同様、黒のワンピース、スーツですが、暑い夏場でも5分袖くらいある物が良いでしょう。ストッキングや靴も黒で統一して下さい。

アクセサリー類はパールのネックレス程度にしてください。結婚指輪はOKです。長い髪の女性は出来ればまとめて下さいね。

男女ともにバッグは光沢のない黒を。大きかったり派手な金具付きのものは避けてください。

今回は、お分かりになる方にとっては一見当たり前な記事ですが、私たちのように葬儀の場面に頻繁に出入りをしていると、意外とマナー違反の方っていらっしゃるんです。

男性であれば、金髪ロンゲ(職業柄であればごめんなさい!)、アクセサリーじゃらじゃら・・・女性もアクセサリー類がどうみても多かったりと。。。

ご葬儀にはマナーを守れない人を許せない人がたくさんいます。

悲しみで感情的にも穏やかでいられない方も沢山いらっしゃるのが葬儀場という場所です。

マナーをまもり故人を弔いましょう。

 

15万円からの家族葬 10名ほどで家族葬

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)